Race - 種族

From D&D Wiki

Jump to: navigation, search

この文書はオープンゲームコンテンツであり、オープンゲームライセンスv1.0aに準拠している。

種族 RACES

適正クラス FAVORED CLASS


 キャラクターは適正クラス以外のクラスでマルチクラスをした場合、経験点にペナルティがかかる場合もある。


種族と言語 RACE AND LANGUAGES

 すべてのキャラクターは共通語をしゃべることが出来る。ドワーフ、エルフ、ノーム、ハーフエルフ、ハーフオーク、ハーフリングは、種族言語も重ねてしゃべることが出来る。

 キャラクターは【知力修正値】のボーナス1点につき、1レベル時に所持している言語が1つ増える。

読み書き:バーバリアン以外のキャラクターは、自身のしゃべれる言語の読み書きも可能である。

クラス関連言語:クレリック、ドルイド、ウィザードはボーナス言語を種族として取得できるもの以外にも取得できる。以下の通りである;

クレリック: 地獄語、天上語、アビサル語

ドルイド: 森語

ウィザード: ドラゴン語


小型サイズのキャラクター SMALL CHARACTERS

サイズが”小型”のキャラクターはアーマークラスに+1のサイズボーナス、+1の命中ボーナス、<隠れ身>技能に+4の修正を得る。

 また、荷重は中型サイズのキャラクターの3/4、移動速度は2/3で、中型サイズのキャラクターに比べると小さなの武器しか使うことができない。


人間 HUMANS

• 中型:人間は中型サイズのキャラクターで、サイズによって修正を被ることはない。

• 人間の基本移動速度は30フィートである。

• 1レベル時、特技を1つ追加でもらえる。

• 1レベル時、4点の追加技能点が得られ、レベルアップ毎に1点の追加技能点を得られる。

• 自動習得言語:共通語 ボーナス言語:統べて(ドルイドの秘密言語の様な秘密言語は除く)。<言語>技能参照。

• 適正クラス:全て。マルチクラス時の経験点のペナルティを計算する際、一番高いレベルのクラスを無視することが出来る。


ドワーフ DWARVES

• +2 【耐久力】, –2 【魅力】

• 中型:ドワーフは中型サイズのキャラクターで、サイズによって修正を被ることはない

• ドワーフの基本移動速度は20フィートだが、中装鎧や重装鎧、または中・重量の荷重で移動速度にペナルティを被ることはない(他の種族のキャラクターだと、こういった状況では移動にペナルティ がかかる)

• 暗視:ドワーフは暗闇でも60フィートまで見通すことができる。暗視の視覚は白黒で、色を見ることができない以外は通常の視界と変わらない。

• 石工の勘:この能力によって、ドワーフは石の不自然さを調べる<知覚>技能に+2の種族ボーナスを得る。この能力は石作りの罠、石細工のものの古さ(建築されてからどれくらいたっているか)、 安全化、危険か、石で表面を取り繕っていないか、釣り天上等の確認にも同じ修正が得られる。時として、石で何かを隠す様な仕掛けをしている場合もある。この場合、ドワーフは10フィート以内まで近づけば自動的に<知覚>判定が起こり、成功すれば盗賊の<罠発見>の様に働く。また、ドワーフは地下においてどれくらい深いところにいるかがわかる。人間の場合わかるのは、今下っているのか上っているのか、だけである。

• 武器精通:ドワーフは”ドワーヴン・ウォーアックス”と”ドワーヴン・アーゴッシュ”を《特殊武器》ではなく《軍用武器》として扱う。

• 踏ん張り: ドワーフは《突き飛ばし》や《足払い》を食らった際、地面に立っていようと踏ん張る動作に+4のボーナスを得る(ただし、登攀、飛行、騎乗状態など、その他地面に自分の脚で立ってい ない状態ではこのボーナスは得られない)。

• 対毒のセーヴィングスローに+2の種族ボーナスを得る。

• 呪文と疑似呪文能力に抵抗する+セーヴィングスローに+2の種族ボーナスを得る。

• オーク族とゴブリン族に対する命中修正に+1の種族ボーナスを得る。

• 巨人に分類されるモンスターからの攻撃に対して+4の回避ボーナスを得る。立ちすくみ状態など、【敏捷性】へのボーナスを失なう状況では、この回避ボーナスも得られない。

• 石、または金属でできたアイテムに関する<鑑識>判定に+2の種族ボーナスを得る。

• 石または金属に関する<工作>技能に+2の種族ボーナスを得る。

• 自動習得言語:共通語、ドワーフ語 ボーナス言語:巨人語、ノーム語、ゴブリン語、オーク語、地の次元界語、地下共通語

• 適正クラス:ファイター ドワーフはマルチクラス時の経験点ペナルティを計算する際、ファイターのクラスレベルを無視できる。


エルフ ELVES

• +2 【敏捷力】, –2 【耐久力】

• 中型:エルフは中型サイズのキャラクターで、サイズによって修正を被ることはない。

• エルフの基本移動速度は30フィートである。

• 魔法による誘眠効果無効化、心術に対するセーヴィングスローに+2の種族ボーナスを得る。

• 夜目:エルフは星明り、月明かり、松明等、光量が少ない状態でも人間の二倍の視界を有する。この能力は通常通り色を見分けることも可能である。

• 武器技能:エルフはロングソード、レイピア、ロングボウ(コンポジット・ロングボウを含む)、ショートボウ(コンポジット・ショートボウを含む)の《軍用武器》に《習熟》している。

• <聞き耳>、<捜索>、<視認>の技能に+2の種族ボーナスを得る。また、エルフは注意深く見まわす事で5フィート以内のシークレット・ドアを<捜索>判定で見つけることができる。

• 自動習得言語:共通語、エルフ語 ボーナス言語:ドラゴン語、ノール語、ゴブリン語、オーク語、森言語

• 適正クラス:ウィザード エルフはマルチクラス時の経験点ペナルティを計算する際、ウィザードのクラスレベルを無視できる。


ノーム GNOMES

• +2 【耐久力】, –2 【筋力】

• 小型:他の小型サイズのキャラクターと同様、ノームはアーマークラスに+1のサイズボーナス、+1の命中ボーナス、<隠れ身>技能に+4の修正を得、荷重は中型サイズのキャラクターの3/4までとなる。

• ノームの基本移動力は20フィートである。

• 夜目:ノームは星明り、月明かり、松明等、光量が少ない状態でも人間の二倍の視界を有する。この能力は通常通り色を見分けることも可能である。

• 武器への親和性:ノームはノーム・フックド・ハンマーを《特殊武器》ではなく《軍用武器》として扱うことができる。

• 幻術に対するセーヴィングスローに+2の種族ボーナスを得る。

• ノームが唱えた幻術の抵抗難易度(DC)は通常よりも1点増加する。この効果は他の効果とも重複する。

• コボルドとゴブリンに対す手う命中判定に+1の種族ボーナスを得る。

• 巨人に分類されるモンスターからの攻撃に対して+4の回避ボーナスを得る。立ちすくみ状態など、【敏捷性】へのボーナスを失なう状況では、この回避ボーナスも得られない。

• <聞き耳>に+2の種族ボーナスを得る。

• <制作(錬金術)>に+2の種族ボーナスを得る。

• 自動取得言語:共通語、ノーム語 ボーナス言語:ドラゴン語、ドワーフ語、エルフ語、巨人語、ゴブリン語、オーク語。それに加えて、ノームは地面を這う哺乳類とも会話できる(イノシシ、キツネ、 ウサギとその近似種)。この能力はノームの生来能力である。詳細はスピーク・ウィズ・アニマルの呪文を参照。

• 疑似呪文能力: 1回/日—スピーク・ウィズ・アニマル (上記のとおり、地を這う哺乳類のみ、1分だけ)。また、【魅力】が10以上のノームは以下の疑似呪文能力も習得できる:1回/日—ダンシン グ・ライツ、ゴースト・サウンド、 プレスティデジテイション 術者レベルは1、セーヴDCは10+【魅力修正値】+ 呪文レベルとなる。

• 適正クラス:バード ノームはマルチクラス時の経験点ペナルティを計算する際、バードのクラスレベルを無視できる。


ハーフエルフ   HALF-ELVES

• 中型:ハーフエルフは中型サイズのキャラクターで、サイズによって修正を被ることはない。

• ハーフエルフの基本移動速度は30フィートである。

• 魔法による誘眠効果無効化、心術に対するセーヴィングスローに+2の種族ボーナスを得る。

• 夜目:ハーフエルフは星明り、月明かり、松明等、光量が少ない状態でも人間の二倍の視界を有する。この能力は通常通り色を見分けることも可能である。

• <聞き耳>、<捜索>、<視認>の技能に+1の種族ボーナスを得る。また、ハーフエルフは注意深く見まわす事で5フィート以内のシークレット・ドアを<捜索>判定で見つけることができる。

• <交渉>と<情報収集>に+2の種族ボーナスを得る。

• エルフの血脈:種族に関わる効果を被る際、ハーフエルフはエルフに分類される。

• 自動習得言語:共通語、エルフ語 ボーナス言語:すべて(ドルイドの秘密言語等、隠された言語は除く)

• 適正クラス:ウィザード エルフはマルチクラス時の経験点ペナルティを計算する際、ウィザードのクラスレベルを無視できる。

• 適正クラス:全て。マルチクラス時の経験点のペナルティを計算する際、一番高いレベルのクラスを無視することが出来る。


ハーフオーク HALF-ORCS

• +2 【筋力】, –2 【知力】, –2 【魅力】

 ゲーム開始時、ハーフオークの【知力】は最低でも3となる。キャラクターの【知力】の値を3以下になる様に能力値を割り振ってはならない。

• 中型:ハーフオークは中型サイズのキャラクターで、サイズによって修正を被ることはない。

• ハーフオークの基本移動速度は30フィートである。

• 暗視:ハーフオーク(とオーク)は暗闇でも60フィートまで見通すことができる。暗視の視覚は白黒で、色を見ることができない以外は通常の視界と変わらない。

• オークの血脈:種族に関わる効果を被る際、ハーフオークはオークに分類される。

• 自動取得言語:共通語、オーク語 ボーナス言語:ドラゴン語、巨人語、ノーム語、ゴブリン語、地獄語

• 適正クラス:バーバリアン ハーフオークはマルチクラス時の経験点ペナルティを計算する際、バーバリアンのクラスレベルを無視できる。


ハーフリング HALFLINGS

• +2 【敏捷力】, –2 【筋力】.

• 小型:他の小型サイズのキャラクターと同様、ハーフリングはアーマークラスに+1のサイズボーナス、+1の命中ボーナス、<隠れ身>技能に+4の修正を得、荷重は中型サイズのキャラクターの3/4 までとなる。

• ハーフリングの基本移動力は20フィートである。

• <登攀>、<跳躍>、<忍び足>の技能に+2の種族ボーナスを得る。

• 全てのセーヴィングスローに+1の種族ボーナスを得る。

• 士気判定と恐怖に抵抗するセーヴィングスローに+2の種族ボーナスを得る。このボーナスは、ハーフリングの全セーヴィングスローへの+1ボーナスも重複する。

• 投擲武器とスリングによる命中修正に+1の種族ボーナスを得る。

• <聞き耳>に+2の種族ボーナスを得る。

• 自動取得言語:共通語、ハーフリング語 ボーナス言語:ドワーフ語、エルフ語、ノーム語、ゴブリン語、オーク語

• 適正クラス:ローグ ハーフリングはマルチクラス時の経験点ペナルティを計算する際、ローグのクラスレベルを無視できる。

Home of user-generated,
homebrew pages!
system ref. documents


admin area
Terms and Conditions for Non-Human Visitors